2020年最初のハゼ釣りに出撃!

江東区小名木川クローバー橋

2020年8月8日中潮。下げの進む中、11:00過ぎに江東区小名木川クローバー橋へハゼの調子を確認しに。昨年はハゼの生育が芳しくなかったようで、簡単お手軽に数を釣ることができませんでした。なので今年はどうかと多少心配しつつ、現場に向かったのでした。

昨年も試してみた、身近な食材で釣れないのか!? の続きでもあり、今回は評判の高い『ベビーホタテ』でやってみることに。

エサのボイルホタテ

スーパーでワンパック300円ほどです。今回約90分の釣りでホタテ1個で足りてしまいました(≧∀≦)

仕掛けは、リーズナブルなところ(1,500円くらい)の1.8m小物用振り出し竿に、個人的に好きな5連シモリウキ、小さなガンダマオモリをハリス留めの上にセットし袖型針5号をハリス30cmくらいでセット。

ハゼ用延べ竿仕掛け

ハリや糸など仕掛け小道具一式は、こんな感じでまとめています。

ハゼ用仕掛け一式

ハゼ釣り用仕掛け

エサは今回ボイル済の『ベビーホタテ』ですが、お手軽が信条のハゼ釣りなら、手軽に手に入るエサで出来ないかと、昨年はイカの塩辛やシラスでやってみました(昨年のブログ参照▶︎)。

結果、このボイル済『ベビーホタテ』はビンゴでした。仕掛け投入後、すぐに反応ありました。



釣れたハゼ

ホタテエサの付け方ですが、今回身の回りにあるビラビラ部分を取り、身の部分をハリに絡めるように付けてやってみました。

ホタテの身をハリにつける

ざっくりこのようにハリに絡めたら、身を捻るようにしてハリに細めに巻きつけるように縫ざししながらまとめます。ホタテの身は裂けるチーズみたいに縦方向に裂けていくので、うまくハリに縫ざししてください。

ハリにホタテの身を細めに付ける

動画も撮ってみました。シモリウキの動きからハゼが餌を咥えて掛かるまでの動作が読み取れます。これがシモリウキ釣りのおもしろいところですw

これはエサを咥えたまま、ほぼ同じところでジッとしていて、それほどしっかり食い込まず少し位置を変えた程度の動きで、ハリ掛りしませんでした。このあたりのことが分かるので、シモリウキの動きを見ているだけでも楽しいです。

次にこのくらいウキが沈み込めば、大抵しっかり食ってくれています。

こんな感じです。

釣れたハゼ

この時期で釣れたハゼのサイズは7,8cm平均でしたが、約1時間30分で15匹ほど釣れました。最も撮影などしないでやったらもっと釣れたと思いますので、これからサイズも時間経過とともに大きくなっていって、食べても美味しい釣りになると思います。

長時間粘る必要もなく、休日の数時間お手軽に遊べますので、ぜひトライしてみてください。

【そのほかのハゼ釣り】
ハゼ釣り。小名木川から横十間川そして旧中川へ、延べ竿シモリウキの釣り。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

pickup
おすすめの記事