7月3日中潮。今年初のタチウオジギング!

深川吉野屋さんに6名で予約済。いわゆる自粛もそれほどキツくなくてもという時期と睨んでいたこの日。前日は雨風もあったけどこの日は曇り。予約者が増えたためか2隻で出船。ちょうど雨も降らず予定より30分早い6:30に出船。

今回のメンバー01

今回のメンバー02

タチウオは昨年からオフ期間がなく、ずっと出船が続いていて、しかも6月後半くらいから釣れるサイズが大きめでF5以上も多いという。釣るのも食べるのも楽しみにポイント到着までの約1時間、あれやこれやと釣りの話をしながら過ごしました。

今回のメンバー03

第一、第二海堡が見えて来たらポイント到着までそろそろ。

第一海堡

ポイントは大体このあたりをチョコチョコと。魚の動きにあわせて追いかけてくれる。

この日のポイント

こんな感じで既に船団が形成されていて、今年初のいつもながらの賑やかな光景。

タチウオ船団

ポイントに着き第1投目。隣の前田さん、フォール中に早速ヒット。引きが強烈でなに? なに? 青物!? みたいなこと言いながらのやりとり♪(´ε` )
幸先いいぞぉ〜!

タチウオランディング

前田さんドラゴン拿捕

そりゃ引くわ〜のF7サイズ! さすがっ!

タチウオF7サイズ

これを皮切りに隣で反対側でヒットが。

Sさん早速良型タチウオ

写真の後方、なにやらやりとりしてる感がありますがw 続いてひとつテンヤで有名なw 松木どんも!

松木どんタチウオ抜き上げ

空飛ぶタチウオ

いつもひょうきんな表情でのご対応、ありがとうございます!

ひょうきんな松木どん

赤い救命胴衣が還暦のお祝いにも見えます(≧∀≦) あ、まだまだ先かっ…

この日のタナとヒットしやすい釣り方

ということで、水深は30〜40mくらいが主だったと思いますが、船長は水深ではなく探るタナをアナウンス。30mから20mの間探ってくださいとか、10mから水面まで〜といった指示を出してくれてたので、一旦底まで落としてから巻き上げといったことをしなくてもよかったです。

■ロッド:6.3ft jigmax100g前後
■リール:ソルト用小型ベイトリール各種
■ライン:PE0.8号 リーダー16lbにカット防止リーダー80lb追加など
■ジグ:100gから150gのもの各種

この日、ジグの形状に関しては、メタルフリッカーやブランカなど平べったい形状のものを早めのスピードで巻き上げるのがよかったです。試してみたけど、動きの少ない円錐形の棒状のものをゆっくり巻いてくるのだとヒットはありませんでした。

釣れた主なジグ

フックはフロントにもリアにもそれぞれ掛かってきて、両方に付けておいてよかったと思います。

その後みんな順調に釣れ続け…

さて、ワシを飛ばしてみんな釣ってますが、程なくして自分にも。ガッツリ喰ってくれてこれはバレない。

タチウオガッツリヒット

タチウオ上から見るのも珍しいかな!? なんか自分で自分に噛み付いてますがw こういう掛かり方されると巻き上げが大変です(≧∀≦)

タチウオ上から

この後、フック外すのに手こずり、右手噛まれました(≧∀≦)

そんなこんなもありつつ、この日はイージーに釣れる流しもあれば、なかなか反応がない流しもありました。

タチウオリアフックにガッツリ

それでもみんなそれぞれ10本は上げたようで、お土産としても十分確保出来ました。終了間際にちょっと雨が降って来たけど釣りをしてる最中は持ってくれて暑くもなく冷えることもなく梅雨の最中、楽しく今年最初のタチウオジギングが楽しめました。

まだまだイケるはずですので、是非行ってみてください。今回、リアルフィッシングカウンシルのfbやサイトで告知する前にいっぱいになってしまったのですが、またの機会に募集掛けますので、よかったら是非。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

pickup
おすすめの記事