釣りをやってみたいと言う古くからの友人からのリクエストで、何がいいかと検討した結果、ライトアジ釣りなら釣って食べるまでを楽しめるのではないかと思った次第。自分はと言うと、普段はルアー釣りが中心なので、乗合船のアジ釣りは初めてのこと。

10月下旬平日に予約を入れた江東区深川吉野屋さんより出船。

吉野屋さんアジ1号船

初めてのLTアジ釣り。まずはネットで情報収集

LT(ライトタックル)アジ釣り自体、初めてのことなので、ネットで釣り方やら用意すべき仕掛け、小物類など調べて釣具屋さんへも行きました。

LTアジ仕掛け

ロッドとリールは手持ちのライトジギング用、特にタチウオジギングで使ってるものが流用出来そうなので、これを使用することに。使用するアンドンビシ、オモリが40号と言うことで、40号なら約150gなので重さ的にもこのロッドでOK。

ロッド、リール、仕掛け

リールに巻いてあるPEラインは0.8号。調べてみると1号以上を推奨している記事が多かったけど、0.2号くらいの差なら問題なしとそのまま使用することに。リーダーはフロロカーボン4号を2mほど付けた。仕掛けはこんな感じ。

当日のLTアジ仕掛け

船には既にコマセ(寄せエサ)のイワシのミンチがこうして配備されていて、右舷前の方の釣り座を確保。

寄せエサのイワシのミンチ

トイレもすませ、インフレータブルフローティングジャケット、ベルト式いずれかを着用し、細い運河の船着場を7:00出船。

出船橋下ギリギリ

運河の低い橋下を通過し、沖に出てゲートブリッジをくぐって、

ゲートブリッジを通過

川崎の沖堤防の前を通過し、

川崎沖堤防

扇島のバース周りが今日のポイント。

扇島沖のバース

ポイントに着いて釣り開始

8:00ごろに現場に着いて、まずはお隣の初心者さんにリールの使い方から説明。コマセの詰め方、エサの付け方など一通りやってまずは底まで落としてもらう。基本通り着底したら2,3mほど巻いてロッドしゃくってコマセを巻いてしばらくアタリを待つ。それでアタリがなければまた2,3巻いてしゃくってコマセ巻いて待つ…って教えてる自分も初めてなのだ(≧∀≦)

反応がなかったので巻き上げてもらい、コマセ詰めてエサつけてを自分でやって投入してもらう。するとロッドがピクピクしてるのが見える。けど、釣りが初めてだとこれがサカナのアタリ、食いついている状態なのかどうかが確信持てない様子。とりあえず巻き上げてもらうと、小さなアジが釣れてました。

初めて釣れたアジ

初めての1匹目のアジ

こんな感じでもうアシストなしで出来そうなので、自分もやってみることに。

さっき説明したようなことをアタマの中で繰り返しながらまずはカゴにコマセを詰めるw このくらいでいいのか!?

カゴにコマセを詰める

エサは定番の赤く染めた3mm角くらいのイカタン。

付けエサ「イカタン」

船長が指示するタナに仕掛けをおろせば釣れる

この日の釣れるタナは上から5〜10m付近とのアナウンスで、底まで落とさず10mより少し下に落としてしゃくり上げて10m〜5mの間を狙っていると、小型を避け25cm前後のいい型が中心に釣れて来ました。

よく言われる基本の底から2,3mを狙っていると、この日は釣れなくはないけど小型が多かったです。釣れるタナが水面から10mくらいなら、手返しよく数釣りが楽しめそうです。

釣れたアジ

お隣の初めて釣りをする女史も、すぐにやり方、コツを掴んだようで時間の経過とともに数釣るようになってました。1時間ほどで2人合わせて10匹以上は釣ったかと。

この日のアベレージサイズ

同じ場所でずっと反応があるようで、船は大きくポイント移動することなく朝来たところでずっとやってました。

出船前、船上のみ販売のアオイソメ(300円)を購入していて、赤いイカタンでちょっと反応が薄くなった時にアオイソメ使ってみたらこれがよく食いました。

アオイソメエサ

エサもイカタン、アオイソメ交互に付けてやっていたら2人で正確に数は数えてないけど40以上は釣れたと思います。半分づつ持って帰るにしてもちょっと多いくらい。

この日のアジ

この日のアジ釣果

12:30に沖上がりと言うことで、十分堪能出来ました。

自宅に戻って食べる準備

14:00には自宅に戻り、早速アジを捌いていきました。刺身用、塩焼き用、フライ用、干物用にそれぞれこなして行きました。

がまかつの鱗取り

ウロコを取る作業、これは面倒臭いもんなんですが、このがまかつのウロコ取りを教えてもらって使ってみたところ、ほとんど飛び散らずスイスイ取れるのでこの作業がむしろ楽しく思えるくらいの道具です。これは自分からもオススメいたします。ある程度大きめのサカナでもミニサイズが使いやすいです。

捌いたら干物分はベランダで1時間くらい干して、

アジの干物

あとはこんなだったり、

アジの刺身、なめろう、骨煎餅

あんなだったり、
アジの刺身、カルパッチョ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

pickup
おすすめの記事