毎年夏になると、相模湾にカツオがやって来てそれをジグで釣るのが楽しみなんだけど、今年はコマセ釣りでも食わないという異常事態が発生していて8月は棒に振った感じ…

せっかくの夏に一度も船に乗らないで過ごすのもなんだかなぁと見ていたら、相模湾の船宿からライト五目船というのが出ていて、サビキやウイリー仕掛けでアジ、サバ、カマスといったサカナを釣らせてくれるのですが、釣果を見ていたらイナダやカンパチがよく釣れている様子。

カンパチに関しては、ここ数年相模湾での釣果をあまり聞いたことがなく、これはイナダと共によりライトなジギングタックルで(スーパーライトタックル)で狙ったら楽しいはず!

茅ヶ崎の一俊丸さんは通常のライト五目船の他に、土日で6:00と10:00出船のショート船も出していて(平日やっている時あり)、9月4日の10:00ショート船(4時間)に乗って来た。

茅ヶ崎 一俊丸さん

ライトジギングもOK

茅ヶ崎の一俊丸さんの場合は、予約はネットで完了出来るので順を追って見て行くと、ルアー希望者はチェックを入れる欄があった。そこにチェックを入れて他の記入欄を埋めて予約完了。

10:00出船だと車がなくても、前日思い立って電車で行くこともできて気楽でいい。釣りが終わってからビールだって飲めるw 9:00前には船宿に付いて受付を済ませる。氷は2個いただける。

この日は6名の乗船でルアーは自分ひとりのみ。釣り座は右舷前の方。全員準備が整ったところで10:00を待たずに出船。

茅ヶ崎港を出港

港を出て10分も経ってないだろうか、最初のポイントに到着してスタート。水深は20mほどでサビキやウイリーなどで狙う場合は5〜15mのタナを狙うようだ。

ちなみにこの日のタックルは…

ロッド Abu Garcia Salty Stage KR-X Light Jigging 6.3ft SXLS-632-80-KR
リール Shimano Stella 3000
メインライン
SHIMANO PIT BULL 4X 0.8号
リーダー
Seaguar FLUORO Shock Leader 12lb 60cm

SLJタックル

水深がこの日20mくらいのところがほとんで、使うジグも1oz以下のものでローテーション。(こうして見ると古いジグばかりだなぁ(≧∀≦))

この日のジグ1oz以下

で、開始2投目でジグが底に着いて巻き上げたらグイッと抑え込むような手応えでそのまま巻き上げて来たらなんとアカハタが釣れました。フック外してから写真撮ってなかったことに気づいてルアー無しの画像。ジグはスキルジグの21g。

アカハタ

その後、続かずポイントもこまめに移動してくれて、烏帽子岩のそばまで移動。

烏帽子岩

中層まで巻き上げて来たところで何かがヒット。結構走り回るのでサバかな!?と思ったらソウダガツオ(マル)でした。

マルソウダ

その後サバも追加して、船長からこのあたりは底を狙えばハタ系が食ってくるかもということで底狙い。

どのポイントも水深は20m前後で潮の流れも速いことはなく、できるだけ軽めのジグでローテーション。ジグが着底したら10mほどシャクる。3投ほどでジグを変えて行くを繰り返す。センターバランス、フロント重心、リア重心と交互に。

11:00を過ぎたころ、フロント重心のスキルジグ21gでやっていたら底の方でドスンとヒット。ライトもライトなタックルなのでよく引く。こういう場合はドラグ任せでラインが出る時は出るに任せて走りが止まったら巻いてを繰り返し、水面に上がって来たところで船長さんが掬ってくれた。狙っていた40cmほどのカンパチ。

カンパチ01

その後、ポイントを少しつづ移動する中、底中心に探ることを繰り返していると、着底してから数回シャクったところでロッドが絞り込まれる。さっきのよりは少し大型のようでロッドも根元からひん曲がり、巻いてもまた出されてを繰り返しながら水面まで寄せてくると、3匹ほどカンパチが付いて来ている。また船長にネット出してもらってゲット。50cmほどのカンパチ。

カンパチ02

念のために中層もと水面までシャクるをやっていたら一瞬ヒットしてすぐバレるが何度かあって、ヒットしたのはやはりイナダ。

イナダ

その後、カンパチの45cm前後を2匹追加して終了。

カンパチ03

朝ゆっくりと10:00からスタートして4時間弱の釣りでしたが、カンパチ4匹、イナダ1匹、マルソウダ1匹、サバ1匹、アカハタ1匹とこれだけ釣れれば十分満足です。

今回、かなりの回数ジグのローテーションをしましたが、なぜか釣れるのはフロント重心のスキルジグ21gの時に集中しました。

スキルジグ21g

これで釣れたからと変えずに投入したというのもありますが、ボクのシャクリ方とジグの動きがマッチしたのか、ジグのシルエットの問題だったのか、まぁその日のパターンを見つけたともいえると勝手に解釈しておきます(๑>◡<๑) まぁでも、相模湾のライトなジギングの時は、個人的にはスキルジグを重さや色各種使い分けてというのが20年以上基本パターンになっていて、今回も使ってみてジグ自体の泳ぎもいいですし、フロント重心のものは巻き心地が軽くていいです。 これから秋が深まるにつれてサイズもアップして来れば、引きもより強くなってやりとりが楽しめるし、食べても美味しいカンパチなので、ありがたくいただこうと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

pickup
おすすめの記事