先に『シーバス@豊洲|2020年の東京湾奥運河筋バチ抜け情報抜粋』というのを投稿していて、続いてシーバス@豊洲2019年の東京湾奥運河筋バチ抜け情報を遡ってみる。

2019年4月バチ抜けシーバスは…

4月5日に出撃してたようだけど、まだバチ抜けはしてなかった様子。

これは4月8日の釣行。シーバスのノド奥にバチが溜まっていたと!

いよいよバチパターンで釣れるようになって来てた。

4月11日小潮の時でもバチパターンで釣ってたようで。

4月17日のこの日、エリ10を4キャスト4連続ヒットだったの、覚えてる。

このころオフ会やってたんだなぁ。その次の日、4月20日大潮バチパターンの最盛期に入った感のあるいい釣りでした。

当然、可能な限り連荘出撃となっておりますw

ガイドした時にも無事、釣ってもらえてよかったよかった。

しかし2019年の4月はよく出てたなぁ。

4月30日長潮で干潮。それでもバチパターン釣れる。平成最後のシーバス釣りだった。

それにしても2019年4月はよく出撃していた。こうして振り返ってみると、それだけ早くから連れ始めていてシーバスの魚影も濃かった。2021年の2月3月のシーバスの魚影の薄さは今も続いていて、今年の4月はどうなんだろうか…

2019年5月バチ抜けシーバス

5月2日干潮21:55という日の釣果。バチ抜けのタイミングが難しい時でも1本は確保。

翌日は隅田川河口へ行ってたみたい。

GWに入って連日のように。

風の強い日はキツイ。

5月9日もやってますねぇ。

7連続バラシって…(≧∀≦)

5月11日小潮の日でも。

5月19日大潮だけど、だんだんとバチ抜けも少なくなって来たようです。

5月20日、バチ抜けなく、カタクチイワシが水面大量にいた日。

バチパターンってよりイワシパターンだった日。

バチも少なくなり、いよいよ終盤か。

5月27日。もはやバイブで釣ってるw これが5月最終の釣りでした。

2019年6月バチ抜けはほとんど見られなくなり…

多少クルバチが見られたものの、それに群がる様子もなく。

わずかなバチの群がりを攻めて…

6月11日。いよいよ梅雨の時期に入って、バチパターンではなく普通のミノーイングで。

6月24日。もうバチパターンは消滅してボチボチプラグでの釣り。

という感じで2019年の4月から6月までの釣りでしたが、シーバスも多くて出撃回数もかなりだったなぁ(≧∀≦)

2021年もこんな状況だったらいいのだけど、どうなりますかね。運河筋でバチ発見の情報もいくつかいただきましたし、自分もクルバチ1匹某所で見ました。

以上なにかの参考になればと。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

pickup
おすすめの記事