特にルアー釣りの世界で『ライトタックル』というカテゴリーが人気を集めるようになって、最近ではさらに軽い!?『スーパーライトタックル(ジギング)』なんていう釣りもジワジワと広がってきている。

よりお手軽なという意味の方が大きいだろうけど、より繊細な釣りを展開する、掛けてから小気味いい引きを味わうなどの釣趣が魅力的なのだと思います。

そういう意味ではハゼ釣りというのは、古くからのライトタックルの釣りの代表格で間違いなく、まさかルアー釣りの対象になるとは思ってもいなかったですねぇ(≧∀≦)

と、こういう書き方をしていると、『ハゼクラ』の話かと思われるだろうが、そうではなくてすみません。やっぱりシモリウキのハゼ釣りがしたくて、江東区の横十間川へと9月の半ばに向かいました。

横十間川と小名木川との交差点、クローバー橋の下は足場もよく、短い竿でも楽しめるポイントです。

クローバー橋下

でも、9月の半ばともなると、この画像の橋下のごく浅いところにはほとんどハゼはいなかったので、横十間川側へ移動し、本村橋近くで釣ることにしました。

横十間川

横十間川

ここは歩行者をはじめ、自転車も通るところなので、邪魔にならないよう背後には気をつけるべきところ。水深は1.2mくらいのようで、それに合わせてシモリウキの位置を調整。ちなみにシモリウキは5つこんな感じでセットしてます。それぞれウキを通すところに輪ゴムを通してストッパーにしてます。ミチイトをぐるっと1回巻きつけるようにする固定の仕方もありますが、それだとウキ下の調整の時に動かしづらいと思う派なので、輪ゴムで動かしやすいようにしてます。

シモリウキ

竿 1.8mの小物用(1,500円くらいのもの)
ミチイト 0.8号(竿の長さ分)
ハリ 袖型5号など
ハリス 0.6号 30cm前後
ウキ シモリウキ5連
エサ ベビーホタテ(スーパーで1パック300円くらいの)

で、エサなのだけど、近くに釣具屋さん、エサ屋さんがないという方々には、近くのスーパーなどで売ってるベビーホタテをお薦めします。最近、近くにエサ屋さんあってもベビーホタテでやってます。十分エサとしての機能はあってハゼの食いつきはいいです。1パックで7,8個入ってるだろうか。2,3時間の釣りだったら3つも持っていけば足ります。それをこんなふうにハリに絡めます。

ベビーホタテをエサに

ハリでホタテを引っ掻くようにしてなん筋分か取ったら、縫ざしするように、ちょっとしたことで取れてしまわないように絡めて投入です。

アタリを待つ

こうやってシモリウキが馴染むのを待って眺めているとハゼがエサを吸い込んで、ピクピク引くのがよくわかります。食い込んだかなと思ったところで竿を上げるとこんな感じの10cmあるかないかのハゼが釣れます。

横十間川のハゼ

横十間川のハゼ02

と、こんな感じでエサを付けて投入し、エサが底について仕掛けが全体馴染んだところで、ハゼがエサをついばむのがシモリウキを通じて動きがわかります。ちょっと咥えてすぐ離したとか、咥えたまま少し移動したなどの様子がシモリウキを通じてわかるのがとても楽しいです。

まだ食い込んでないと思ってしばらく放っておいいたら飲み込まれていたということも。シモリウキの動きを読みきれなかったという、ちょっとした敗北感も感じつつ、こういう場合は、エラの下に指を入れ込むようにして挟んでハリスを引くとハリは出てきやすくなります。

ハリを飲み込まれた場合

この時、ハリがどこにも掛かってなかったらスッと出てきますが、エラや内臓に引っ掛かってたらそれごと出てきちゃいます(≧∀≦) それはもう後でしっかり食べてあげましょう。

極端な話、ハリにエサが付いていて、それが底に着いていればウキが着いていようがなかろうが、どんな仕掛けでも釣れると思います。もちろんウキなしの手に直接ブルブルと伝わる感覚だけで釣るミャク釣りも楽しいので、足場が高かったり沖めの深いところを探る時によくやります。

でもまだ浅場にハゼがいる間は、シモリウキの動きを楽しみつつ、釣りたいと思ってやってます。動画でシモリウキの動きをどうぞ。

という感じでシモリウキがハゼがどんな動きをしているのか伝えてくれるのですが、完全に食い込んだと思って合わせたのに掛かりませんでした(≧∀≦) エサは取られてなかったのですかさず再投入。すぐに反応が出て咥えたまま移動してるなと思ったところで竿を立てたらハリ掛りしてくれました。

と、こんなやりとりが楽しくてやっています。

この日は15匹ほど釣ったところで止めて帰宅しました。釣ったハゼ爼上一覧w

この日釣れたハゼ

ハゼをしっかり洗って鱗を取り、頭と内臓取り除いてから唐揚げにしました。ハゼくらいの大きさなら鱗を取る時包丁でもいいのだけど、この丸いがまかつの鱗取りはどのサカナでも鱗が飛び散らず、きれいに取れます。オススメ。

鱗取り

ビールとともにいただきました。

ハゼの唐揚げ

ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

pickup
おすすめの記事