初めてのハンドメイド!早春から使えるシーバス用ルアーを作ってみよう!ということでバチ抜け用ルアーをお手軽に作ってみた。

   

2月26日に『初めてのハンドメイド!早春から使えるシーバス用ルアーを作ってみよう!』ということで、小さな教室を開催しました。

この日の参加者3名さま

今回、ルアー作りイベントの企画を立てて、さて集客はどうしよう? と思ったときお世話になることにしたのは『Shumiru(シュミル、趣味る)』というプラットフォーム。

Shumiruは、初めての方でも手ぶらで本格的な体験ができるサービスです

Shumiru
https://www.shumiru.com/

釣りだけでなく、アウトドア全般で体験の機会を提供しようというプラットフォームです。外だけでなく、インドアでこうしたアウトドアに関する道具作りや、カラー魚拓体験などのジャンルもあって楽しいです。イベントを企画する側にも参加する側にもなれるShumiruのサイト、是非チェックしてみてください。

さて、今回3名さまにご参加いただきました。みなさんそれぞれこれまでに釣り、とりわけシーバス釣りをやって来られた方々です。ルアーを自作するのが初めてという方もいらっしゃいましたが、作り方はカンタンなのでビールなど飲みながら気楽にスタートしてもらいました。

ルアー作り開始

今回はシーバス釣りでバチ抜け時に必要となるルアーを自作してしまおうということで、素材は長さ10cm直径1cmのヒノキ材。そして加工に必要な道具は基本、100均で揃うものをお一人ずつ用意しました。ざっとこんな感じです。

バチミノー用意する道具一覧

とにかく“お手軽に”を重視して1本のヒノキ材からかつて作ってみたシーバス用バチミノーはこんな感じ。

バチミノー制作サンプル

まずは1本ヒノキ材を取り出し、動き重視でやや小型の7cmに切ってもらい、尻側を細くするため鉛筆を削る要領でカッターで大まかに削ってもらいます。

ヒノキ材を削っていく

基本、水平に浮いてリトリーブしたらどう前に進むのか、ヘッドの形状で変わってくることを少し説明してみました。

ルアーヘッド形状の説明

そのあと、サンドペーパーで滑らかにしていくなどをお伝えして、最終形は自由に作っていただきました。

基本の形状ができた

それぞれに元の形が出来上がった

ここまで出来たら、いよいよカラーリングです。まずは全体を白く塗ります。これをしておくと後でいろんな色をつける時に発色がよくなります。“お手軽に”がモットーなのでホビー用の缶スプレーで。飛沫が飛び散らないようダンボール箱の中で吹いてもらいます。

缶スプレーで下塗り作業

一通り下塗りしたところ。一度に濃くしようと思わないで、薄く吹いて乾かすを3回くらいやればOKです。時間があればもっと繰り返してもいいです。

ボディ下塗り、乾燥

それぞれ思い思いのカラーリングされたものが出てきました。

それぞれのカラーリング

この後数回、吹いては乾かしを繰り返し、みなさんそれぞれ出来上がってきました。

引き波重視のI字系
これは引き波重視のI字系ですね。

引くとウォブリングする系
こちらは引くとウォブリングする系。

いろんな意味でアピール系
色も形もアピール系!?

なんとかみなさん時間内で3本ほど作れたようです。

完成したルアー01

完成したルアー02

ハンドメイドルアーの世界は、ガチでとことんやろうと思えば深すぎる世界ですが、こんな“お手軽に”作ることも可能です。実際に昨年作ったもので釣れています。

作ったルアーでの釣果

4月になって港湾部でもバチ抜けが盛んになってきたら、作ったこれらのルアー縛りで!? シーバス釣行会をやることになってます。

自分で作ったルアーで釣れるのか釣れないのかもさることながら、作ることを楽しんでいただいてよかったです。

それでは4月を楽しみにして待ちたいと思います。

 - seabass, イベント, サカナ, シーバス, ブログ一覧, ルアー, 運河, 釣り